あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LOT No.0034

d0103776_23324238.jpg

あれはたしか大学3年生の秋。
たった一人で1週間ほど英国を旅行した。
往復の航空券と初日のホテルの予約だけとって、
あとは何となく行きたい街を決めていただけ、
という今考えるとかなり無計画な旅だった。
その直前に3人の女性に立て続けにふられて・・・という傷心旅行でもあった。
ちなみにこれが自身初めての海外旅行。いやはや無謀だ。
それでも宿はすべてとれたし、食事や観光もとりあえずこなした。
片言英語ながら、同宿の外国人たちを前に惜別のスピーチをぶった記憶もある。
人間やれば何とかやれるもんだと感じられた貴重な体験旅行でもあった。
まあ、友人から借りたカメラの使い方がよく分からず、
旅の半分までフィルムが回ってなくて1枚も撮れてなかったとか、
長距離バスに乗って、恐ろしく退屈な時間を強いられたとか、
駅を通過する列車から間違えて飛び降りたとか、
いろいろな間違いはあったけれど。

観光の一番の目的は、「マスターキートン」という漫画に登場する
セントアイヴスという街を訪ねることだった。
英国のほぼ最西端にある小さな保養地。
劇中で紹介される「瑪瑙色の海」が見たくて、
往復20万円の渡航費をかけて旅をした。
そんな金どこにあったんだろう?
とよくよく考えたら、その年のスキーシーズンに
ほぼ2ヶ月間山にこもってゴンドラ誘導係のバイトをして貯めたことを思い出した。
あれはつらかったなあ。
人間辛抱が必要なんだと身に染みて感じた貴重な経験だった。

そんなもろもろのことをだらだらと思い起こさせるのが、
この「お宝」だ。
「ランズエンド」とは前述のセントアイヴスよりもさらに西に向かった
正真正銘の英国最南端の町、というか岬だった。
そこの小さな観光施設の売店で買った装飾品。
町のシンボルである古い灯台がデザインされている。
これ部屋に飾ったらお洒落だなあと思い即決で購入したものの、
もともと部屋の壁をモノで飾るのが嫌いな性格で、結局一度も飾らず。
何のこっちゃです。
今回、お宝箱から取り出して10余年ぶりに眺めた結果、
装飾馬具(のレプリカ)であることに初めて気づきました。

そいでもって、瑪瑙色の海。
漫画が白黒で何色かはっきりわからず、
しかもその後もよく調べずに来たもんだから、
これか!っていう感動はなかった。当たり前だけど。
でも確かにきれいな色の海でした。
生きているうちにもう一回くらい観にいってもいいです。
[PR]
by umit20070209 | 2007-08-16 23:33 | お宝