あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

LOT No.0044‐52 ガンダム・カード

d0103776_038583.jpg

30代後半の男子たるもの、ガンダムハマリ率はかなり高い。
アニメそのものよりも、プラモデルの人気は本当にすさまじかった。
特に300円で買える1/144スケールのものは超人気。
発売直後にほとんどが店頭から姿を消し、
『ホワイトベース」とか「ムサイ」といった不人気の船モノしか残らなかった。
そういえば、その全盛期、
H模型店の抽選販売に漏れて「Gファイター」のプラモが買えず、
店の前の道で突っ伏して号泣して転がり回って悲しんだ同級生のY君。
今、どうしているだろうか。

で、このガンダムカード。
ぶきっちょでプラモのヤスリがけとか色付けとか接着とか大嫌いだった私には、
「ガンダム消しゴム」と同じくらい手軽に楽しめて、リーズナブルで、
なおかつ生来の蒐集欲を満たしてくれるシロモノだった。
当時は、この20倍くらいは保有していたと思う。
たぶん5枚で50円か100円だったように思われる。
ちなみに「ガン消し」のほうは3体入って50円か100円だったはず。
包装の上から手で触って中身を探る瞬間がたまらなく好きでした。

その後、何度かの吟味と精査を繰り返して残ったのがこの9枚。
今見てもなかなかシブくてグッドな選択だったと自賛してみたり。
一番のお気に入りは、真ん中の赤いヤツ。なんか迫力あるし。

d0103776_0585224.jpg

簡にして要を得た裏書きも今見るとなかなか味わい深い。
注目は何と言っても「当たり」でしょう。
賞品は、カードホルダーだったか、厚紙ポスターだったか。
残っていないところを見ると、たぶんポスターだな。

ちなみに数年前に出たガンプラのリバイバル版、
彩色済、接着剤不要と聞いて即買い。
作ってみると、これがなかなかどうしていいじゃないってほどの出来栄え。

それに続いて今度はマンガ。
最初のテレビシリーズのマンガライズで、かなり面白い。
テレビでは描かれなかったストーリーの背景までが紹介されていて
嗚呼なるほど!とヒザを打ったこと一度や二度ならず。
当時アニメにハマったという人はぜひ読んで欲しい。
シャアって名前、実は別人のをかなり酷い手口で奪ったんですよ、奥さん。
グフに乗ってたランバ・ラルって人、意外とキーマンなんですよ、だんなさん。

最新刊の発売が嗚呼待ち遠しい。
[PR]
by umit20070209 | 2008-02-18 00:32 | お宝