あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

LOT No.0054 ソフビ怪獣

d0103776_1715941.jpg

ソフトビニール製の怪獣・怪人・ヒーロー戦士は、昔も今も男の子の定番玩具。
しかし、なぜか縁がなく、子供の頃に買ったことも買ってもらったこともない。
怪獣ケシゴムのように日常の小遣いの中で買い集めるには高価すぎるし、
クリスマスや誕生日などイベントの日に親にねだるにしては安価すぎる。
ウルトラマンや仮面ライダーの人気が下火になり、
代わりにガンプラやゲームウォッチ、ファミコンが登場した時期に
少年時代が重なっていたことも関係しているのかもしれない。

そしてこの怪獣。
入手したのはオトナになってからのこと。
100円均一ショップが猛烈な勢いで巷に増えていく中、
何か別なものを買いに訪れた際に、ふと目に留まり、勢いで購入した。
どこにも商標や刻印がないところをみると、
「何となく」出来上がった無所属怪獣らしい。
一応、ウルトラマン何とかの何とか怪獣をモチーフにしたのだろう。
d0103776_19301250.jpg

中途半端な着色といい、一箇所だけの可動部といい、
製品としてのクオリティはかなり低い。だから100円なんだけど。
気に入ったのは全体のバランス感、かな。
デフォルメの設定やポーズが絶妙、な気がする。

もちろんオトナなのでこれで遊んだりはしないが、
最もカッコよく見える角度をいろいろ探してみたりはした。

家に小さな子供が来た時に試しに遊ばせてみたが、
1分も経たないうちに飽きられた。
せめてもう一体あれば10分くらいまで記録を伸ばせたかもしれない。

ちなみに上下の向きを180度違えてみるとちょっと卑猥な感じになる。
同じような感想を持った人が何人いるだろうかと考えてみるのも楽しい、かな。
[PR]
by umit20070209 | 2008-03-18 19:45 | お宝