あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

LOT No.0056 高校2年次成績表

d0103776_19524539.jpg

そして2年生時代。
この頃から大学は文系の学部へと決めていたので、理数は頭からやる気なし。
赤点とらなきゃいいやという気持ちで試験勉強も一夜漬オンリー。
その結果、担任教師から「力を抜くにも限度があります・・・」という
余韻を残す形で深刻度を増幅させたお小言を頂戴した。
ちなみに、この担任の先生が小中高を通して
一番信頼の置ける好きな先生だった。
担当教科は日本史。これも一番好きな科目で、
大学受験では奈良の私大の「文化財学科」も受けてみたりした。落ちたけど。
この頃の日本史の授業の板書ノートはまだとってある。
生来の悪筆を治そうと努力したため、最初と最後のページでは、
筆跡がまったく異なっているのが微笑ましい。対して上達はしていないが。
ちなみにこの頃、ある英語教師から
「キミの書く英文の文字はネイティブに近い」と言われたことがある。
当初は何となく気をよくしていたが、よくよく考えてみたら
それってただの悪筆だと気づき、がっかりした記憶がある。
閑話休題。
成績表に話を戻すと、2年の3学期に美術部の部長に選出されました。
ほとんど顔を出さない3年生を除くと部員は計10数名。
たぶん史上最悪のだらけた部活動を先導したダメ部長だった。
後輩の面倒はほとんど見ないし、もっぱらトランプとビニールバット野球の日々。
中学以前の美術経験者が男女1名ずつしかいなくてレベルもかなり低かった。
しかし、同学年の男子部員は皆仲が良くて、
高校生活の中で一番楽しく過ごせた時間だった。
それにしても「文化委員長」って何やる人だったんだろう…
まったくもって思い出せない。文化祭がらみ?記憶にないなあ。
d0103776_2019848.jpg

あいかわらず高い出席率をマーク。欠席は事故の1日のみ。
事故…そういえば遭いました交通事故。
雨の日の帰り道、信号のない横断歩道をチャリで渡ろうとしたとき、
きちんと一時停止しなかった低速度のタクシーの横っ腹にぶつかって転倒。
でも大したことはなく、太もものごく軽い打撲だけで済んだ。
が、タクシーのほうはボディが凹み、フェンダーミラーも吹き飛んでいたため、
運ちゃんはしぶしぶ警察に通報。見た目のケガがほとんどないせいか、
そのまま現場検証に付き合わされた。
途中、お巡りさんから「クルマはちゃんと一時停止してたかい?」と問われ、
「たぶん…してなかったと思います」と言った途端、
そのお巡りさんが運ちゃんのほうに向き直り、
「ほら見ろ止まってねぇって言ってんじゃねぇか!嘘つくんじゃねぇ!!」
といきなり怒鳴りちらし、その運ちゃんが「そんなぁ~」と恨めしそうな顔で
こっちを見るので、居たたまれない気持ちになったのを覚えている。
その後病院に言って検査したが異常なし。打ち所がよかったらしい。
大事をとって翌日の学校を休んだが、後遺症が出ることもなかった。
その翌日に学校で友人に得意げになって事故の話をした。馬鹿だなあ。
後日、タクシー会社からお見舞いの菓子折りが届いた。
あの運ちゃん、減給とかされたのだろうか。
[PR]
by umit20070209 | 2008-03-29 21:00 | お宝