あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 11月 14日 ( 1 )

LOT No.0036

子ども時代に、おそらく最も激しく愛した玩具の一つ。
その割に名前が思い出せない。
d0103776_2332015.jpg

激愛した最大の理由は手触り。
下の写真のように面をずらしたときの感触が何とも気持ちいい。
もっとずらすともっと気持ちいい。
d0103776_23335995.jpg

おそらく、階段の上から下へ落とすというのが正しい遊び方。
うまくいくとそのまま勢いがついて、たぶん力学の何とかという法則により、
一段ずつ等速度できれいに降りていく。はず。
その遊びも何度かしたと思うが、それより何より独特の手触りが好き。
たぶん私だけかと思うけど。

d0103776_23354389.jpg

このお宝自体は、大人になってから見つけたガシャポンで再購入したもの。
子ども時代のは、弄りすぎてバネが捩れすぎて壊れて元に戻らず
そのまま捨ててしまった(もしくは捨てられた)のだと思う。
まあ、他の玩具も皆似たような末路を辿ったのだけど。
[PR]
by umit20070209 | 2007-11-14 00:04 | お宝