あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:お宝( 40 )

LOT No.0037

d0103776_102306.jpg

最近、近所の図書館蔵書のリサイクルでもらってきた雑誌を読んでいたら、
2004~05年にかけて「なめ猫」ブームが再燃していたことを初めて知った。
コンビニで食玩商品が発売されたり、お台場のデックス東京ビーチに
オフィシャルショップができたり。まだあるのかな?
その雑誌によると第1次ブームは1980~82年。経済効果は1000億円に及び
カレンダーの売上72万部は未だ破られていない記録とか。
撮影用に猫を無理やり立たせたりするのは動物虐待だとの意見もありました。
たしかに。猫背な猫にとっては苦痛以外の何物でもないだろうし。
とにもかくにも当時はなめ猫グッズが巷にあふれていた。
その頃小学生低学年だった私。
このお宝はたしか、20円ガチャガチャ(ガシャポン)の当たりで獲得したと思う。
交付年を見ると昭和56年=1981年とあるから、まさにブームの真っ只中。
「なめ猫免許証」は特に人気の高いグッズだったと記憶している。
元々、猫にツッパリ学生(笑)の格好をさせて
「なめんなよ」とすごませた?のがネーミングの由来。
そればっかりだとマンネリなので、別バージョンが続々と登場した。
その流れの中で出てきたのが、この「猫田ジュリー」かと。
各項目にちりばめられた細かいギャグは、今となっては何だか微笑ましい。
肝心の猫田さんの写真もかなりいい出来。

しかし。

実はこれ、バッタもん。模倣品というかニセモノ。
「ホンモノ」は、素材や書体、押印などのディテールを
もっと人間の免許証に近づけた結構精巧なツクリをしている。
対してこれはよく見ると、
写真のバックがブルーじゃなくて、普通のスナップショットになってる。
っていうか、ジュリーの後ろに見える白い柱は何だろう。
もしかして猫を無理やり立たせるための棒? 今気づいた…

ホントはもう一枚、別猫の免許証も持っているのだが、なぜか見つからない。
たしか「タモリ」のパロディだったはず。出てきたらあらためて紹介します。


最後にこれがバッタもんであることの決定的な証拠を。
d0103776_1035044.jpg

「日本語は正しく使いましょう」ってことの暗喩かな。
[PR]
by umit20070209 | 2007-12-03 10:08 | お宝

LOT No.0036

子ども時代に、おそらく最も激しく愛した玩具の一つ。
その割に名前が思い出せない。
d0103776_2332015.jpg

激愛した最大の理由は手触り。
下の写真のように面をずらしたときの感触が何とも気持ちいい。
もっとずらすともっと気持ちいい。
d0103776_23335995.jpg

おそらく、階段の上から下へ落とすというのが正しい遊び方。
うまくいくとそのまま勢いがついて、たぶん力学の何とかという法則により、
一段ずつ等速度できれいに降りていく。はず。
その遊びも何度かしたと思うが、それより何より独特の手触りが好き。
たぶん私だけかと思うけど。

d0103776_23354389.jpg

このお宝自体は、大人になってから見つけたガシャポンで再購入したもの。
子ども時代のは、弄りすぎてバネが捩れすぎて壊れて元に戻らず
そのまま捨ててしまった(もしくは捨てられた)のだと思う。
まあ、他の玩具も皆似たような末路を辿ったのだけど。
[PR]
by umit20070209 | 2007-11-14 00:04 | お宝

LOT No.0035

d0103776_22232281.jpg

高校1年のときからおよそ20年にわたりこのチームのファン。
と書いてみて、あの頃から20年も経ったんだ、なんかすごい、
ファンじゃなかった人生よりファンになってからの人生の期間のほうが長いんだ。
そういえば今年は大学進学で実家を離れてからの期間が
それまでの期間とイーブンになる年。
そのうち酒を飲み始めてからとか、社会人になってからとか、結婚してからとか、
いろんな人生のイーブンポイントが出てくるわけで、何となく楽しみ…かも?

閑話休題。
1992年というから今から15年前。うわあもうそんなに経つのか。
10月7日という日付からシーズン終了間近の消化試合だということが分かる。
思えば横浜大洋ホエールズは弱かった。
横浜ベイスターズも大して変わんないけど。
ファンになってからここまでのシーズンで勝ち越しを果たした年がほとんどない。
リーグ優勝したのは1998年の一度のみ。Aクラスすら数えるほど。
6チームしかないのにね。
まあ、それでも飽きもせずに今も応援してるわけです。昔よりは冷めたけど。
で、
このチケットは、チーム史上最も愛した選手の引退記念登板の試合のもの。
先発して、たしか1回か2回だけ投げて無失点のまま降板。
ゲームは0-1の敗戦。寒い内容だった。
当日は一人で観戦。
周囲には消化試合に3600円払って観にいく大洋ファンなどいなかった。

その後、就職して退職していろいろあってフリーライターになり、
取材でプロ野球選手のOBの方々に結構多く会っているのものの、
残念ながらこの人には会う機会を得ていない。
取材対象者にサインをもらったり記念撮影をお願いしたりとか
公私混同はしないのが一応のポリシーだが、
この人だけは、もし会うことができたら、
このチケットを持参してサインしてもらおうかと思っている。
d0103776_22562947.jpg

この広告、テレビCMでは原始人集団と原始動物との戦いをユーモラスに描き、
当時はかなりの反響を呼んだ。
ちなみに2001年刊『広告批評』通巻250号の記念企画、
「保存版日本のコマーシャルBEST100」では1位に選出。
ちなみに2位はレナウンのイエイエガール(1967年)で、
3位はソニーのウォークマンを聴く猿(1987年)。
[PR]
by umit20070209 | 2007-11-13 23:25 | お宝

LOT No.0034

d0103776_23324238.jpg

あれはたしか大学3年生の秋。
たった一人で1週間ほど英国を旅行した。
往復の航空券と初日のホテルの予約だけとって、
あとは何となく行きたい街を決めていただけ、
という今考えるとかなり無計画な旅だった。
その直前に3人の女性に立て続けにふられて・・・という傷心旅行でもあった。
ちなみにこれが自身初めての海外旅行。いやはや無謀だ。
それでも宿はすべてとれたし、食事や観光もとりあえずこなした。
片言英語ながら、同宿の外国人たちを前に惜別のスピーチをぶった記憶もある。
人間やれば何とかやれるもんだと感じられた貴重な体験旅行でもあった。
まあ、友人から借りたカメラの使い方がよく分からず、
旅の半分までフィルムが回ってなくて1枚も撮れてなかったとか、
長距離バスに乗って、恐ろしく退屈な時間を強いられたとか、
駅を通過する列車から間違えて飛び降りたとか、
いろいろな間違いはあったけれど。

観光の一番の目的は、「マスターキートン」という漫画に登場する
セントアイヴスという街を訪ねることだった。
英国のほぼ最西端にある小さな保養地。
劇中で紹介される「瑪瑙色の海」が見たくて、
往復20万円の渡航費をかけて旅をした。
そんな金どこにあったんだろう?
とよくよく考えたら、その年のスキーシーズンに
ほぼ2ヶ月間山にこもってゴンドラ誘導係のバイトをして貯めたことを思い出した。
あれはつらかったなあ。
人間辛抱が必要なんだと身に染みて感じた貴重な経験だった。

そんなもろもろのことをだらだらと思い起こさせるのが、
この「お宝」だ。
「ランズエンド」とは前述のセントアイヴスよりもさらに西に向かった
正真正銘の英国最南端の町、というか岬だった。
そこの小さな観光施設の売店で買った装飾品。
町のシンボルである古い灯台がデザインされている。
これ部屋に飾ったらお洒落だなあと思い即決で購入したものの、
もともと部屋の壁をモノで飾るのが嫌いな性格で、結局一度も飾らず。
何のこっちゃです。
今回、お宝箱から取り出して10余年ぶりに眺めた結果、
装飾馬具(のレプリカ)であることに初めて気づきました。

そいでもって、瑪瑙色の海。
漫画が白黒で何色かはっきりわからず、
しかもその後もよく調べずに来たもんだから、
これか!っていう感動はなかった。当たり前だけど。
でも確かにきれいな色の海でした。
生きているうちにもう一回くらい観にいってもいいです。
[PR]
by umit20070209 | 2007-08-16 23:33 | お宝

LOT No.0033

d0103776_16584158.jpg

今では酒席でのネタの一つくらいにしかならないが、
高校時代、美術部に所属していた。
しかも3年生時には部長を務めた。
小さい頃から絵を描くことが割りと好きで、
たしか小学5年生の時には、全国レベルの絵画コンクールで入選を果たし、
高さ1m近いトロフィーを戴いた実績がある。
中学時代にも美術の成績は常に最高評価。
美術教師からも「高校ではぜひ美術部に入りなさい」とおだてられ、
「芸大に入るのもいいな」なんてものすごく甘く考えで入部した。
しかし。
才能も意欲もはるかに優る同級生をみてすぐに意気消沈。
およそ20年を経た今、部活動の痕跡を示すものは、
この油彩絵の具一つきりとなってしまった。
その油彩にしても、在学3年間で仕上げたのは、
面白くも何ともない静物画一点のみ。
空き瓶とかキジの剥製とか描きました。
これ以外で記憶に残る自作品のタイトルは、
「マイルドセブン」
 水彩スプレーで画面を空色に塗り、白の直線で飛行機雲を表現。
 当時のタバコCMポスターにインスパイアされた作品。製作期間1時間。
「アンシャンレジーム(旧体制)」
 世界史の授業で習い何となく語感が気に入っていたのでつけた水彩抽象画。
 B1(B4用紙の8倍)とデカく、家に持って帰るのをためらいそのままに。
「星月夜」
 有名なゴッホの油絵作品の模写。水彩で。
 わりと気に入っていたが、部室内で遊んでいた時に誤って作品を破壊。
の3点のみ。
部活動の多くの時間を、野球とトランプ賭博に費やしたことのほうが、
よほど強く記憶に残っている。
野球と言ってもおもちゃのプラスチックバットと軟式テニスのボールを使った遊び。
独自のルールを整備し、かなり熱中した。
余談だが、軟テのゴムボールは、手に泥をつけて投げると驚くほどよく曲がる。
トランプ賭博は「おいちょかぶ」。マッチ棒をチップ代わりに延々と賭け続けた。
勝者には、学校近くのパン屋での焼きそばパンとセーフガードが与えられた。
顧問の美術教師に賭場に踏み込まれ、激怒されたことを思い出す。

ホワイトは油彩でもっとも多く使う色です(たぶん)。
d0103776_17251169.jpg

[PR]
by umit20070209 | 2007-07-08 17:27 | お宝

LOT No.0032

d0103776_16292492.jpg

就職をして2~3年の内の頃に出かけた友人との強羅旅行。
街の一角にあった古びた射的屋でゲットしたこの人形。
22世紀の猫型ロボットを模したものであることに疑いの余地はない。
でもねぇ。
d0103776_16352340.jpg

後ろ姿だけでは何が何やらさっぱり。
今流行りのゆるキャラをさらにゆるくしたような感じ。
もぉちょっと何とかならなかったかなぁと思うが、
よくよく眺めていると、何となく、これはこれで味わい深いような…。
という感じでいつのまにやらお宝となりました。
…流し目なところとか、けっこういいでしょ?
[PR]
by umit20070209 | 2007-07-07 16:51 | お宝

LOT No.0028-31

d0103776_1525612.jpg
d0103776_1532444.jpg

今から10数年前。群馬県沼田市の食料雑貨店で入手。
正確には、このシールが貼られたお酒のツマミを購入した。
友人何人かと出かけたスキー1泊旅行。
夜の宴会用にと、適当に買ってきた乾きモノだった。
缶ビールを飲みながら何気なくパッケージを眺めていると、
このおかしな「キャッチコピー」に目がとまった。
???
!!!
この“抜群”のセンスに、友人一同、呼吸困難に陥るほど笑い転げた。
たぶん、年配のおじさんが考えたであろうこの文章。
これほどの破壊力を持ったPOPコピーは後にも先にも出会った事がない。
ビーフジャーキー以外は商品とまったく連動しない内容なところがすごい。
なぜチーズバーが「流石の強者」なのか?
「純」って誰だ? チーかまは一本一本「封印」されていたのか?
ツッコミどころ満載、というかツッコミどころだけを凝縮した作品だ。
翌日、同じシリーズの他の商品を買い集めなかったことを今でも後悔している。
情報求む・・・って無理か。
[PR]
by umit20070209 | 2007-07-06 16:19 | お宝

LOT No.0027

d0103776_23374377.jpg

20年以上の時を経て、箱から取り出してみた。
中にあったボタン電池をはめ込んでみたが反応なし。
…100均で新しい電池を購入してきて、再トライ。
…おお、懐かしき電子音&液晶画面。
さすが日本製の精密機械。
箱の裏書に書かれたコピーには、
「次々に襲ってくる5大モンスターの恐怖!
逃げ、攻撃、ジャンプ、フェンシングのハイテクニックを駆使して
モンスターハウスから脱出!」とある。
ただ、見事脱出に成功しても、再びスタート地点に戻される。
1回クリアするごとに、徐々にモンスターの動きが速くなる。
まるで無間地獄のようなゲームだ。
とにもかくにもクリア回数を増やし、地道にスコアを伸ばす。
当時のハイスコアはいくつだったか…。

説明書をざっと読み流し、いざゲームスタート。
3回目あたりからキー操作のコツが飲み込め、早くも脱出に成功。
ややテンポが速くなったが、2回目も楽々成功。
案外やるじゃない21世紀のおれ。
これなら10回連続クリアくらいはできそうだとほくそ笑む、が…
…飽きた。だって同じことの繰り返しなんだもの。

宿題そっちのけで熱中し、何事にも増して高い集中力を発揮して、
ハイスコアの更新を目指していたであろう20世紀のぼく。
もう中学生だったのに…。
d0103776_23355788.jpg

実はこのゲーム、親に買い与えられたものではない。
毎月の小遣いを貯めて買ったわけでもない。
(そもそも貯金なんてできたためしがなかった)
中学時代の友人K君から貸してもらったものだ。
親の教育方針により、高校入学までは家にゲーム機がなかった我が家。
わずかに買ってもらえたのは「ゲーム電卓」のみ。
あれはハマッた。もうハマリまくった。きょうだいで電卓の奪い合い。
・・・も一回やりたい・・・でもやっぱりすぐ飽きちゃうんだろうか。
d0103776_23362511.jpg

K君に返しそびれて幾年月。
「モン・パニ」はお宝として大切に保管されている。
また20年後くらいにプレーしてみよう。

っていうか返さなくていいのか おれ。
[PR]
by umit20070209 | 2007-05-20 00:48 | お宝

LOT No.0021~0026

d0103776_2213343.jpg

カンペンケース(懐かしい響きだなぁ)とカンバッヂに直接の関係はない。
お気に入りのバッヂを保管するのにちょうどいい容器だったにすぎない。
縦横幅、厚さ共に専用ケースと言っていいくらいジャストフィットサイズ。
そして、今ではありえないパンチの効いたデザインやキャラクターが何とも味わい深い。

・・・なぜこんな“ファンシー”なカンペンケースを購入したのかは不明。
おそらくウケ狙いで買ったんでしょう。青っちょろい脳天気な中坊。
中敷パッドがさほど汚れていない点から使用期間はごく短かったと推察される。
おそらく真ん中が体育教師、右が理科、左が数学、上が国語ではないかと。
にしても、なんで「100点」なんだ?
d0103776_2218278.jpg


内側面には「学校新聞」の「運動会特集記事」がびっしり記載されている。
ライターさんが一生懸命“いかにも”な内容に仕上げてます。
d0103776_22305439.jpg


時代の雰囲気を感じずにはいられない、ライトでフレンドリーでアバウトなノリ。
お値段は¥350也。消費税のないシンプルな時代だった。
d0103776_0124335.jpg


カンバッヂはすべてカナダ製。
カナダに提携姉妹校を持つ中学で、その関係で入手したらしい。
交換留学生となりカナダでホームステイした兄のお土産だったのかもしれない。
カンペンケースとは対照的にどれも洒脱で洗練されたデザイン。
インテリアの小道具としても十分使えそうな気がする。
d0103776_232605.jpg


英語力が足りず、カナダへの派遣生徒の枠から漏れたことが
今でも悔やまれる。3きょうだいの中で行けなかったのは末っ子の自分ひとり。
前年にはわざわざカナダからの留学生の受け入れ家庭になったのに。
同じ部屋で1週間寝起きを共にしたグラハム少年との別れ際、
「ネクストイヤー、アイゴートゥーカナダ!アイミーチューアゲイン!」
と叫んで約束したのに。
行けるはずと思い込んでいただけに落胆は大きかった。
あれから20余年。いまだに彼との再会は果たせていない。
[PR]
by umit20070209 | 2007-02-17 23:57 | お宝

LOT No.0001~0020

d0103776_23573868.jpg

“収集”することと同じくらい“厳選”することが好き。
たぶんこの20倍ぐらいの数を、一時期所有していたはず。
自身の成長とともに厳しいセレクションを何度も実施し、生き残ったのが彼らだ。
d0103776_05110.jpg

出物は何と言ってもこのスーパーカーケシゴム。
子供ゴコロに「これはないよなあ」と思うほどの雑なツクリ。
でもそれがかえって味わい深く、いつのまにやら「お宝」に。
d0103776_010953.jpg

よく見るとタイヤがスリックタイヤだったりレインタイヤだったりと、
意外とディテールにこだわっている、のかもしれない。
「ターボ」が「タ ボ」になってるのはご愛嬌。
ちなみに黄色の一台だけ何故か車名の記載がない。
もしかして、町工場オリジナルのドリームカー!?
d0103776_0164717.jpg

怪獣はウルトラマンシリーズのもの。
一番のお気に入りは前段真ん中ピンクの「カプセル怪獣ミクラス」
この怪獣はウルトラセブンの子分的存在で、実は“いいもん”。
調べたら出身はバッファロー星だそうで、なるほどバッファローっぽい。
30年経って初めて知りました。
ちなみに武器は熱線と怪力だとか。怪獣だもんね。

そうそう、小学校低学年時代に友人の誕生日会に呼ばれて、
仲の良い友達と二人で20円ガチャガチャを1,000円分=50個買って
ビニール袋に入れてプレゼントした記憶が蘇りました。
自信があったんだけど、あんまり喜ばれなかったなあ・・・。
[PR]
by umit20070209 | 2007-02-10 00:39 | お宝