あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0103776_19524539.jpg

そして2年生時代。
この頃から大学は文系の学部へと決めていたので、理数は頭からやる気なし。
赤点とらなきゃいいやという気持ちで試験勉強も一夜漬オンリー。
その結果、担任教師から「力を抜くにも限度があります・・・」という
余韻を残す形で深刻度を増幅させたお小言を頂戴した。
ちなみに、この担任の先生が小中高を通して
一番信頼の置ける好きな先生だった。
担当教科は日本史。これも一番好きな科目で、
大学受験では奈良の私大の「文化財学科」も受けてみたりした。落ちたけど。
この頃の日本史の授業の板書ノートはまだとってある。
生来の悪筆を治そうと努力したため、最初と最後のページでは、
筆跡がまったく異なっているのが微笑ましい。対して上達はしていないが。
ちなみにこの頃、ある英語教師から
「キミの書く英文の文字はネイティブに近い」と言われたことがある。
当初は何となく気をよくしていたが、よくよく考えてみたら
それってただの悪筆だと気づき、がっかりした記憶がある。
閑話休題。
成績表に話を戻すと、2年の3学期に美術部の部長に選出されました。
ほとんど顔を出さない3年生を除くと部員は計10数名。
たぶん史上最悪のだらけた部活動を先導したダメ部長だった。
後輩の面倒はほとんど見ないし、もっぱらトランプとビニールバット野球の日々。
中学以前の美術経験者が男女1名ずつしかいなくてレベルもかなり低かった。
しかし、同学年の男子部員は皆仲が良くて、
高校生活の中で一番楽しく過ごせた時間だった。
それにしても「文化委員長」って何やる人だったんだろう…
まったくもって思い出せない。文化祭がらみ?記憶にないなあ。
d0103776_2019848.jpg

あいかわらず高い出席率をマーク。欠席は事故の1日のみ。
事故…そういえば遭いました交通事故。
雨の日の帰り道、信号のない横断歩道をチャリで渡ろうとしたとき、
きちんと一時停止しなかった低速度のタクシーの横っ腹にぶつかって転倒。
でも大したことはなく、太もものごく軽い打撲だけで済んだ。
が、タクシーのほうはボディが凹み、フェンダーミラーも吹き飛んでいたため、
運ちゃんはしぶしぶ警察に通報。見た目のケガがほとんどないせいか、
そのまま現場検証に付き合わされた。
途中、お巡りさんから「クルマはちゃんと一時停止してたかい?」と問われ、
「たぶん…してなかったと思います」と言った途端、
そのお巡りさんが運ちゃんのほうに向き直り、
「ほら見ろ止まってねぇって言ってんじゃねぇか!嘘つくんじゃねぇ!!」
といきなり怒鳴りちらし、その運ちゃんが「そんなぁ~」と恨めしそうな顔で
こっちを見るので、居たたまれない気持ちになったのを覚えている。
その後病院に言って検査したが異常なし。打ち所がよかったらしい。
大事をとって翌日の学校を休んだが、後遺症が出ることもなかった。
その翌日に学校で友人に得意げになって事故の話をした。馬鹿だなあ。
後日、タクシー会社からお見舞いの菓子折りが届いた。
あの運ちゃん、減給とかされたのだろうか。
[PR]
by umit20070209 | 2008-03-29 21:00 | お宝
d0103776_19574389.jpg

見ての通りの成績表。公立の男女共学の進学校でした。
高校3年間の思い出はすでに記憶の深淵にあり、断片しか残っていないが、
自分がどんな生徒だったかを知る客観的な資料であり、
たまに見直してみると結構面白く、オツな酒の肴となる。

まずは1年生時代。
3年後の有名大学への現役合格を夢見て、
入学時に「特別進学クラス(通称:特進)」を希望したものの、
2クラスの枠の選から漏れ、次点の生徒を集めた「準特進」という
わけのわからない名前のクラスに配された。
入学試験での成績優秀順で決められたため、全体の上位2割にはいたはず。
市内で上からも下からも3番目の進学校ではあったけれど。

d0103776_2033861.jpg

冷静に判断して、成績悪いなあ。特に理科Ⅰはやばかった。
担当教師から「3学期相当頑張らんと単位落とすぞ」と脅され、
嫌々ながら勉強した記憶がある。
お陰で3学期は「6」の評定をもらい、「祝進級」とあいなった。
「生活委員」で何をしたのかはさっぱり記憶がない。

d0103776_2035421.jpg

美術Ⅰは美術部所属なので顧問教師が気を遣ってくれたのかも。
保健の成績が何でこんなに悪いのか理由が思い出せない。
注目は出欠の記録。欠席日ゼロの皆勤です。
小学校も6年間で1日しか休まなかったし(夏休みの登校日忘れの1日)
中学校でもたしか2~3日。痩せっぽちで身体能力も低かったものの、
とりあえず丈夫な身体でした。悩みも大して深くなかったらしい。
[PR]
by umit20070209 | 2008-03-19 09:30 | お宝

LOT No.0054 ソフビ怪獣

d0103776_1715941.jpg

ソフトビニール製の怪獣・怪人・ヒーロー戦士は、昔も今も男の子の定番玩具。
しかし、なぜか縁がなく、子供の頃に買ったことも買ってもらったこともない。
怪獣ケシゴムのように日常の小遣いの中で買い集めるには高価すぎるし、
クリスマスや誕生日などイベントの日に親にねだるにしては安価すぎる。
ウルトラマンや仮面ライダーの人気が下火になり、
代わりにガンプラやゲームウォッチ、ファミコンが登場した時期に
少年時代が重なっていたことも関係しているのかもしれない。

そしてこの怪獣。
入手したのはオトナになってからのこと。
100円均一ショップが猛烈な勢いで巷に増えていく中、
何か別なものを買いに訪れた際に、ふと目に留まり、勢いで購入した。
どこにも商標や刻印がないところをみると、
「何となく」出来上がった無所属怪獣らしい。
一応、ウルトラマン何とかの何とか怪獣をモチーフにしたのだろう。
d0103776_19301250.jpg

中途半端な着色といい、一箇所だけの可動部といい、
製品としてのクオリティはかなり低い。だから100円なんだけど。
気に入ったのは全体のバランス感、かな。
デフォルメの設定やポーズが絶妙、な気がする。

もちろんオトナなのでこれで遊んだりはしないが、
最もカッコよく見える角度をいろいろ探してみたりはした。

家に小さな子供が来た時に試しに遊ばせてみたが、
1分も経たないうちに飽きられた。
せめてもう一体あれば10分くらいまで記録を伸ばせたかもしれない。

ちなみに上下の向きを180度違えてみるとちょっと卑猥な感じになる。
同じような感想を持った人が何人いるだろうかと考えてみるのも楽しい、かな。
[PR]
by umit20070209 | 2008-03-18 19:45 | お宝

LOT No.0053 自転車免許証

d0103776_21591750.jpg

私が通っていた小学校には、「ミニ自転車教習場」みたいなスペースがあった。
花壇を囲むように幾分狭めの道路があって、小さな横断歩道と信号、踏切も。
今もあちこちにある「児童交通公園」を縮小したような感じ。
そこで行われた「自転車運転免許試験」で見事合格し、ゲットしたのがこれ。
d0103776_2295296.jpg

おそらく、信号を守る、曲がる時に手信号を出す、スピードを出しすぎない、
という程度の簡単な実技試験で全員が受かったはずが、それでも嬉しかった。
目立ちたがり屋なくせに緊張しぃの性格で、本番に弱いタイプ。
そういえば、その頃出たピアノ発表会では、前の人のイスの位置のままで座り、
自分ではまったく気づかないまま、1オクターブ高い音階で弾いてしまった。
音感が鈍いのと緊張のせいだろうが、ステージの脇に戻ってきた時に見た、
ピアノ講師の引きつった笑顔が今でも脳裏に焼きついている。
もちろん以後発表会に出ることはなかった。
d0103776_22185487.jpg

合格後には習った手信号を忠実に実践していたがすぐに飽きてやらなくなった。
右折が右腕を水平に伸ばす、左折が右ヒジを直角に曲げて手を上に向ける、
だったかな。指先までピンと伸ばすのがポイント。今も教えてるのかなぁ。
d0103776_2225011.jpg

踏み切りでは降りて安全確認して押して渡るってのはかなり面倒臭いなあ。
どうでもいいけど、なぜ「としより」って「お」をつけてないんだろう。
あと、「方向指示器」のついてる自転車ってあるのか?今から27年前。

このずっと後、原付バイク、普通自動車、中型二輪、の免許を取得したが、
すべて1回ずつ試験に落ちている(クルマは仮免試験)。
原付の筆記試験で落ちた時はへこんだなあ。今思い出しても恥ずかしい。
そして今、運転する機会が多いのは、ダントツ自転車です。

久々に手信号をやってみ…たらおかしな人に思われるのでやめておく。
[PR]
by umit20070209 | 2008-03-06 22:50 | お宝