あつめつづけたがらくたたち


by umit20070209
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
d0103776_22154274.jpg

キーホルダーは蒐集品の定番中の定番。のような気がする。
ご他聞に漏れず、一時期積極的に集めていた。
もらったり買ったりするごとに
ナビスコチップスターの円筒パッケージ缶の中に入れ、
時折机の上に並べて一人悦に入っていた記憶がある。
小学生中学年がピークで中学に上がるとぱったりやめた。

よくよく考えてみれば、いくらたくさん持っていても、
当時は自転車のキーにつけるくらいしか実用性がない。
しかも一個あたりの値段も子どもにしては結構高価。
年齢が上がるにつれ、他に必要なもの欲しいものがどんどん増えたし、
世の中がだんだん見えるようになってきて、
自分のコレクションなど全然しょぼいものだということも分かりトーンダウン。
気がつけばナビスコチップスターの缶は机か箪笥の奥底に沈んでいた。

大学進学で実家を離れ、卒業して就職し、結婚してしばらく経ったころ、
このブログで紹介する他の「お宝」の入った大きなダンボールの中に
懐かしいナビスコチップスター缶を発見した。
持ち前の整理癖が出て、4分の3くらいに見切りをつけ、
フリーマーケットで1個10円で売ってしまった。
客観的にそのくらいの価値しかないはずだが、
いざなくなってみると、ちょっと惜しかったなとか思ったりして。

d0103776_22384037.jpg

上の麻雀牌はかなりポピュラーだったタイプ。
周りの大人が持っていたのを見たことがある人は結構多いはず。
当時はもちろん麻雀が何かなど知らなかったが、
大きさとフォルムが何となく気に入っていた。
大学時代に麻雀を覚え、初めて「チーマン」と読むのだと知った。
これを見ると、同級生と徹夜で卓を囲んだ末に大負けし、
寝不足のだるい身体を引きずりながらアルバイト先に向かう途中、
「今日の稼ぎ分を全部アイツに持っていかれたんだ…」と
心を沈ませていたことを思い出す。麻雀のばか。

左のプレート型は、地元の結構大規模なお祭りの
イベント広場で行われたゲームに参加してゲットしたもの。
ミニSLに友達二人だけで乗車して、ブレーキとアクセルを操作し、
1周をちょうど1分でまわって来られたらもらえる賞品だった。
今考えるとかなり大胆なゲームだなぁ。
ゴールしたとき、係員のお兄さん二人が顔を見合わせて
「どうする?」とつぶやいていたのを覚えている。
たぶん1、2秒の誤差があったのだろうが、
まあいいかという感じでキーホルダーをくれた。
嬉しかったなあ。一緒にチャレンジしたクラスメイトのA田くん、
その1年後くらいに大ケンカして絶交しちゃって以来そのままだけど元気かな。

右のメダルは、小学6年生の修学旅行先の東京タワーで購入。
重厚なデザインが気に入ったんだと思う。
今あらためて観察し、「TOKYO MERIDIAN」って何なのか
調べてみたら、MERIDIANには下記の意味がある模様。
1.子午線{しごせん}、経線{けいせん}
2.〔太陽{たいよう}の〕最高点{さいこう てん}
3.〔繁栄などの〕頂点{ちょうてん}、全盛期{ぜんせいき}
4.《針療法》経絡{けいらく}
分かるような分からないような。まあ「東京標準時間」みたいなニュアンスかなと。
するってぇと、「パシフィックメリディアンホテル」は
もしかして「太平洋“有頂天”ホテル」かい!? いや「有」はいらないか。

d0103776_23114027.jpg

左の二等辺三角形は、少年野球の市大会の参加賞。
試合でプレーしたかどうかの記憶すらない代わりに
一つだけ思い出に残るのが、チームメイトが
当時出回り始めたポカリスエットについて
「スイカを薄めたような味」と評したこと。
飲んだことのなかった私は、あんまりおいしくなさそうだから
「おれはやっぱり砂糖入り麦茶だな」と思いました。

真ん中は祖母の旅行土産。っていうか何だろうこれ。ミニ椰子の実?
いずれにせよ白糸の滝とは全く関係ないような。
名前にボカシを入れていないのは、間違っているから。
おばあちゃん、孫の名前をなんで…と思ったが言えませんでした。
おばあちゃんは現在100歳過ぎ。

右のポルシェはたしか熱海旅行でハトヤホテルで買ってもらったもの。
カッコいいけどタイヤが回らないのが不満だった。じゃなぜ買う。

もう一つ、以前紹介したトランペットのキーホルダーと合わせ、
7点が今も手元に残っている。
自宅か自転車のカギにどれかつけてみようかなとも思うのだが、
バックル?の部分が簡単に外れてなくしてしまいそうなのでやめておこう。
[PR]
# by umit20070209 | 2008-09-10 23:49 | お宝

LOT No.0068 なめ猫免許証2

d0103776_1040236.jpg

以前紹介した「なめ猫免許証」のもう一つが見つかりました。
…しかしどうだろうこのネーミングセンス。
バッタもんとはいえ、ねぇ。
タモリのままじゃまずいし、何か苗字っぽいのを考えたのだろうけど、
「タムシ」と「タモリ」じゃ一文字しか合ってないし。

「ニャゴヤ市」や「イグアナ町」はタモリが昔ネタにしていた
名古屋弁やイグアナのモノマネから来てるんでしょう。
…「ニャカ州」は、タモリの出身である九州か、博多の中洲からかも。
九州産業大学ってあるなそういえば。

眼帯(サングラスじゃないなどうみても)も
「笑っていいとも」出演まではトレードマークだった。
(ちなみにいいともは昭和57年スタート)

生年月日から免許交付日までが約5ヶ月。猫だからなあ。

写真をよおく見たら、鉢巻に「タモリン」って書いてあるのを発見。
クレームが来た時のいいわけ用かな。
「うちのはタモリじゃなくて、タモリンですよ」みたいな。
そのくせプロフィールと整合性がとれていないのが、
まさにバッタもんの証ですね。
[PR]
# by umit20070209 | 2008-08-08 11:06 | お宝